イヌイヌイヌイヌここではペットにしたいイヌの紹介をしています。あなたの好きな犬はいますか?イヌイヌイヌイヌイヌイヌイヌイヌイヌ
題名
アイリッシュ・セター 【体高】   64〜69p
【体重】   27〜32s
アイッシュ
■ルーツ
  セターの中では最も古い種類とされ、その歴史は15世紀までさかのぼることが出来ます。獲物を発見するとしゃがみこんでその位置を知らせる(セット=伏せ)特性で知られ、鉄砲の発明による鳥猟には欠かすことのできない犬として発達したといわています。ルーツとなった祖先犬はヨーロッパのレッド・スパニエルといわれ、アイリッシュ・ウォーター・スパニエルやテリアなどとの交配で、その狩猟能力が高められました。さらに、イングリッシュ・セターやゴードン・セターなどとの交配により、すぐれた体形や被毛をもつ犬になったとされる。温和な性格から女性や子供にも人気が高く、鳥猟犬のほかに家庭犬としても親しまれている。

線
■外見的特徴
  ふさふさとした飾り毛のある、絹糸状の被毛におおわれ、その毛色は濃い栗色から赤褐色(マホガニー・レッド)まである。垂れた耳とまっすぐな尾をもち、各部のバランスがよく、一見して優雅な姿をしている犬種である。体高に比べてわすかに体長が長く、四肢は骨太でがっしりとしている。顔つきにもメリハリがあって華があり、なんとも美しく穏やかな表情をみせる。被毛は直毛でしなやかさに富み、特にマホガニー・レッドの毛色には気品すら感じられる。毛は滑らかでまっすぐか、わずかにウェーブがあり、四肢や腹、胸、尾、耳などに飾り毛がある。

線

■性 格
  温和な性質で女性にも人気がある。非常に遊び好きで、屋外でのかけっこやボール遊びなどのパートナーとして適している。また訓練すれば、フリスビーなどを使って遊ぶことも可能だ。吠えるタイプではなく、穏やかで他の動物や子供に対しても寛容である。基本的に従順で、物覚えはいい方ではないが、1度覚えたら忘れることはない。鳥猟犬としては、どんな獲物にも勇敢に立ちむかい、恐いもの知らずでタフな、典型的なアイリッシュ犬といえるだろう。

線

■飼 育
  絹糸状の飾り毛は非常にもつれやすいため、毎日の手入れが必要になる。美しいコートと姿を保つためには、クシでコーミングしてしっかりとブラッシングをすることを習慣づけるようにする。ドッグショーへ出陳する際は、すんなりした頭部や首を強調するため、トリミングを行う。またこのトリミングは本来の外観を保つ目的でなされ、余剰の飾り毛は自然な肢の輪郭を現すため切除される。
また、近年ではブリーダーの知識も発達してきたので、アイリッシュ・セターの子犬のブリーダーも増えてきました。


線

■健康上の注意点
  狩猟欲が旺盛で活動範囲が広い犬なので、毎日の運動は欠かせない。そのため屋外で、精力的に運動をさせなければならない。鳥猟犬として、森や野原などに親しむ時間を、たっぷり作る必要もある。運動が不足すると、集中力がなくなり、しつけも難しくなる。自分をしっかりともっており、それが多少頑固そうでしつけも難しい面はあるが、丹念に行っていけば教えられた以上のことができるようになる。また子犬のときは、運動をさせ過ぎないように注意が必要。食事は豊かで滑らかな被毛をより美しく保つため、栄養バランスのとれたものを与える。総合栄養食のドライ・フード、または嗜好性を加味するならドライフードに缶詰を混ぜた混合食が手軽でいいだろう。若犬から成犬なら1日1、2回が適当だ。健康維持や肥満を避けるためには、運動量に合わせた適量を与えるよう心がけることが大切である。アレルギー性の皮膚炎に注意する。肘と股関節の形成不全にも注意が必要だ。


線

ダルメシアン 【体高】   48〜58p
【体重】   23〜25s
アイッシュ
■ルーツ
  よく似た犬が古代ギリシアの彫刻に刻まれていたり、やはりよく似た斑点をもった犬が古代エジプトに存在したことなどから、数千年の歴史をもつ犬と考えられている。ヨーロッパでは18世紀の中ごろからダルメシアンの名で呼ばれ、ユーゴスラビアのダルメシア地方に土着していた犬とされているが、イタリアン・ポインターにグレート・デーンを交配して作られたなど、諸説がある。18〜19世紀には貴族の馬車の護衛犬として活用され、宮廷の貴婦人たちに可愛がられたといわれる。現在は家庭犬として広く愛されている。ディズニー映画の101匹ワンちゃん主人公。

線

■外見的特徴
  細身ですっきりとした体つきはポインターに似ており、実際にその血のつながりもあることが伝えられている。短い被毛はやや粗くて密、光沢がある。白地にくっきりとした黒またはレバーの丸い斑点が入る。その美しさやコントラストなど、どれをとっても実に優雅である。斑点の大きさはさまざまで、たくさん入ってはっきりしたものほどよいとされる。1860年にはイギリスのドッグショーに出されているが、時代によって斑点の入り方に対する好みが違ったようである。

線

■性 格
  この犬種の特徴は、活発で遊ぶのが好きな点だ。また子供とも安心して遊ばせることができる。利口で温和なためしつけも容易で、筋肉質の体からもわかるように耐久力、スピードがある。その性格を利用して、猟犬、番犬、牧羊犬、馬車犬など、いろいろなところに使われてきた。ただし、いたずら好きでやや神経質なところがあり、警戒心が強い面がある。そのため訓練は優しく忍耐強く、徹底して行う必要があるだろう。

線

■飼 育
  滑らかで光沢のある短毛種なので、手入れは容易だ。クシですいたり、硬めの獣毛ブラシで毎日ブラッシングしてやり、清潔に保つようにする。目の粗いタオルでこすったり、入浴は必要なときだけで十分だ。

線

■健康上の注意点
  体つきからもわかるように、かなりエネルギッシュなところがあり、毎日かなりの運動量をこなさせる必要がある。走る姿は非常にスムーズで力強く、歩幅も広くてリズミカルである。特に運動不足になりがちな都会で生活している犬では、広い場所に連れ出すことを心がけるようにしたい。食事には特別な配慮はいらないが、栄養のバランスを考えて、若犬から成犬では1日1、2回程度与えるようにする。内容は栄養バランスに優れたドライフード中心でよいだろう。また、アレルギー性皮膚炎を発症する傾向があるため、手入れの際には必ずチェックする。

Valuable information

天然石ブレスレットをお探しなら
http://www.purestone.jp/
札幌で不要品を買取してもらう
http://www.recyclemart-hiraoka.com/
サバゲー装備の掘り出し物を探す
http://used.first-jp.net/
古本の高価買取
http://www.furuhonkaitori.com/
横須賀 賃貸
http://www.taihei-house-agent.com/

最終更新日:2014/12/11

大型犬

・アイリッシュセッター

・ダルメシアン

中型犬

・ボーダーコリー

・アメリカン・コッカースパニエル

小型犬

・ダックスフント

・ウエストハイライト









copy right わんダフル!ペット大図鑑 all right reserved